BLOG

ブログ

尾張旭のダイエット特化型パーソナルジムブログ

こんにちは。
尾張旭のダイエット特化型パーソナルジム
ICEGYMの佐藤です。

最近の趣味は紫シャンプーやカラーシャンプーの化学式を分解して、予想と現実ではどれくらい違うのか、自宅の風呂場で研究ラボを開催しています。笑

ダイエットで長年研究した化学式は一切通用しないので、1年生から勉強になりますが1月から平日の夜中に勉強して何とか約、半年間続けることができています。今回はカラーシャンプー編ですがヘアカラーも同時に研究しています。

ハイトーンカラーやブリーチを経由した髪色の経験がある方々は髪の黄ばみは一度は通る課題ではないでしょうか。

結論としては元の髪色や薬剤の残留具合、塗布方法や放置時間などで変わるのでどれだけ研究しても難しい課題でした。

こちらが現在のカラーシャンプー&トリートメントですが、一概に紫シャンプーといっても商品によって使われているカラーが少しづつ違います。右から2番目のグッバイイエローは髪の黄ばみを取る紫シャンプーとして有名ですが、緑っぽく色素が出る傾向にある為、緑の反対色であるセンターのピンクシャンプー(ソマルカ)と混ぜることで緑っぽさを抑えることができます。

シルバー系や透明感のあるミルクティーカラーは自分の髪の特性や反対色などの基礎知識がドンピシャで頭に入ってないと狙い通りのカラーにするのはとても難しいです。(ブリーチを何回もした状態の他に色が入っていない状態の白い毛束をYouTubeなどでカラー検証するのは簡単です。)

だから美容室にいって画像で見せても難しい色は同じようなカラーにならないことが多いのは、基本的にはここが1点。

もう一つは前回のカラー剤の「残留」が原因でブリーチした際にその残留が強い部分だけ色が変わってしまうのでムラやまだらになりやすい。特に黒染めした髪は美容師泣かせだと思います。(これは残留部分に強めのケアブリーチを追加で当てるなどで回避可能ですが限界はあります。)

最後に生え際と毛先でブリーチ回数が違う場合など。毛先はブリーチ3回レベル(髪色18以上)、根本は1回だけだと均一カラーにするのは難しいです。できなくは無いですが、ハイトーンだと退色過程に根本が金髪になるのが早いのでブリーチ回数は毛先と根元で合わせられると理想的です。

カラーに関して私的見解ですが、カットをする美容師が行うのではなくて経験回数と勉強を多く積んだカラー専属のカラーリストさんが行えると理想的だと思います。分業制ですね。カット美容師は両方やると勉強する守備範囲が広すぎるので、パーソナルトレーナーに栄養学わかるから調理師できそうってセットで期待してしまうのと同じくらい知識的には別ジャンルだと思うのです。

ウエストゲートパーク

尾張旭のダイエット特化型パーソナルジムブログ

髪の色の続きですが、ピンク色にしてくださいとオーダーされた時、薄いピンクなのか暗いピンクか、はたまた蛍光色のようなピンクなのかお客様にヒアリングをすることが一番大切ですよね。

「お!ピンクいいですね!じゃあいっちゃいましょうかー!」

でスタートされたらとても不安になりますよね。でもこれ意外と多いです。ヒアリングの大切さを感じます。

さて、この画像の会員様は体重がそのままでウエストが大きくサイズダウンしました。

左の状態でもじゅうぶんにスタイルが綺麗で、モデルコンテストに出場しても2023年は3冠と素晴らしい結果を持っている会員様です。多くの人からしたらダイエットジムに通わなくてもいいだろうって言われるくらいだと思うのです。

しかし胴体のデザイン、特にウエストのボディメイクがモデルコンテストに出るには課題だと悩んでいました。

ここで先ほどカラーの話で長々と書いた分業制の出番ですね。筋肉を大きくする作業と身体をサイズダウンさせる作業はどちらも深い知識の道のりが必要です。私たちは自信を持って後者です!

左と右で1年の時を経て、ウエストがかなり綺麗に引き締まりました。お尻が1年で更に少し上がっているのと撮っている角度が微妙に斜めなのもあって純粋にウエストだけの差では無いですが、体重が同じと考えるととても大きな変化です。今年は手に入れたウエストでコンテスト無双モードに突入するのでしょうか?

尾張旭のダイエット特化型パーソナルジム 尾張旭のダイエット特化型パーソナルジムICEGYM 会員様の画像

 

体重の変化ありだとこれくらい数十cm単位で変化されます。この会員様は前回の天草ブログで登場した女性です。

かつてコルセットでウエストを50cm未満にするのが美しいとされていたフランス。体調不良などの弊害もありましたが何故、苦しさを我慢してまでそれほどまでにして美しさを女性たちは追求したのでしょうか。

そんな苦しい服装から人々を解き放ったのが帽子屋だったシャネル・モードの存在なのですが、どうしてシャネルがそこで流行ったのか考えていたらこのウエストトレーニングにたどり着きました。

耳鼻科と精神科が勉強することが大きく違うのに、資格は医師免許というくくりで一つになっている状態と同じように、美容院やパーソナルジムも似たような状況になっていますが、ダイエット特化型ジムにはダイエットに関しての無限の夢があります。

是非、ICEトレーナー陣があなたの夢の登場人物になれたらと思っています。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ICE GYM

尾張旭市のダイエット特化型パーソナルジム
〒488-0801
愛知県尾張旭市東大道町原田52-3 ICEGYM
名鉄瀬戸線「尾張旭駅」徒歩30秒

ICEGYM GROUP

FOR ME GYM

名古屋市北区大曽根4-1-45 大津ビル3F

WAKAKUSA

京都市左京区下鴨南野々神町1-15 フォースビル1F

HERUNDER

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/icegym/icegym.jp/public_html/wp-content/themes/famous_tcd064/comments.php on line 109